FAQ

本ページは皆様からよくあるご質問を掲載いたします。


Q1 東紀州環境施設組合はどういった組織ですか。

A1 地方自治法(第1条の3、第284 条)で定められている特別地方公共団体で、このうちの一部事務組合です。

 

Q2 一部事務組合とは何ですか。

A2 複数の市町村等の地方公共団体が、その事務の一部を共同処理することを目的として設置する団体です。

 

Q3 組合の目的は何ですか。

A3 組合の目的 は 規約によって設定されており 、「関係市町(尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町)の可燃ごみを処理する可燃ごみ処理施設の設置及び管理運営並びにこれに附帯する事務を共同で処理する」組織です。令和3年4月1日に設立しました。

 

Q4 組合の経費はどう設定されていますか?

A4 建設に係る事業費と組合運営に係る事業費を次のように設定しており、構成市町の負担金で活動しています。

・建設事業費  均等割 10%  人口割 90%

・組合運営費  均等割 10 % 実績割(ごみ量) 90%

 

Q5 組合の組織構成はどのようになっていますか?

A5 執行機関して管理者と副管理者 、会計管理者。 事務局として一般職を5名 。

さらに監査委員で組織されています 。構成は次のとおりです。

管理者   1名(尾鷲市長)

・副管理者  4名(4市町の市町長)

・会計管理者 1名(尾鷲市会計管理者)

・事務局   5名(構成市町各1名ずつ)

・監査委員  2名(識見を有する者、議会選出議員)

 

Q6 組合の議会は傍聴できますか?また、どこで開催していますか?

A6 議会定例会は毎年2回開催され、どなたでも傍聴いただけます。場所は尾鷲市の公共施設(尾鷲市立中央公民館、せぎやまホールなど)を利用し開催しています。

 

Q7 可燃ごみ処理施設はいつから稼働しますか?

A7 現時点においては、令和10年度の稼働を目指しています。

 

Q8 どこに施設を建てるのですか?

A8 尾鷲市営野球場を建設予定地としています。

 

Q9 施設整備に関して、今は何をしていますか?

A9 現在、施設整備のための施設整備基本計画の策定を進めています。

計画策定にあたっては、計画策定委員会を設置し議論をしています。また、施設施設が周辺環境に与える影響を調べる生活環境影響調査の実施を予定しています。

 

Q10 ごみ処理施設が与える環境への影響が心配。どう対応するのですか?

A10 施設の設置に伴って周辺地域の生活環境に及ぼす影響についての調査を事前に行います。調査結果をお示しする時期は令和5年度頃を予定しています。